とつか区民活動センター「スキルアップ講座」とのタイアップ

本事業の協力サポーターである「とつか区民活動センター」が、スキルアップ講座「セルフチェックで組織の課題を見える化」を開催しました。スキルアップ講座は、活動団体のエンパワーメントの為に、とつか区民活動センターが毎年企画実施している講座です。この講座は、本事業とのタイアップ企画として全2回で実施し、今回参加した団体にセルフチェックを実施していただき、第2回目(10月17日)に、その結果をもとにして集計結果表の読取り方を学び合います。

第1回目の講座では、「17の視点」のやり方と共に、その目的となる他者評価ではない自己診断・組織の基盤強化について、幣団体理事長手塚が解説しました。また、組織を構成する活動に関わる人たちの立ち位置の違いによる回答の分散から問題点を探し、集計結果表にまとめていくやり方を解説させていただきました。

本年度の基金21事業では、活動団体の組織基盤強化に向けた組織診断のやり方を神奈川県内の中間支援組織にノウハウ移転していく事業として実施しています。そうした中での本講座は、セルフチェックツールの活用方法を拡げる良い機会になったと思います。