第3回支援対象団体募集説明会(長期版)

第3回目となる本日も前回と同様にzoomによるオンラインで説明会を開催しました。3回の説明会とも共通になりましたが、本ツールの特徴についての話から、セルフチェックのやり方、各設問項目の回答の分散を集計結果表にまとめ、組織の問題点を探していくやり方について解説しました。

本事業では、セルフチェック後に専門家を介した伴走支援があります。昨年度の成果フォーラムでは「普段話し合えないことについての話し合いができた」という感想もありました。セルフチェックによって組織の問題点を把握し、課題を見える化させる目的に加え、団体の中で話し合う機会を持つことで課題解決への道筋を検討していくことが、本事業の特徴である自己診断の有用性につながる成果ともいえます。