第1回支援対象団体募集説明会(長期版)

昨年度の基金21ボランタリー団体成長支援事業「セルフチェックによる組織課題の可視化と組織のリデザイン事業」に続き、本年度は「組織のリデザイン支援プログラムノウハウ移転事業」として、中間支援団体にノウハウ移転する事業として実施します。昨年度と同様にセルフチェックで見える化した組織の問題点に対して基盤強化に向けた伴奏支援を行います。2年目の参加となる協力サポーターが担当する支援対象団体の中で、伴奏支援期間を長くとって行う長期版と、昨年と同じスケジュールで行う短期版に分けて行うことになりました。今回は、長期版として行う支援対象団体募集説明会(全3回)の第1回目でした。

本事業の説明の後、「基盤強化に向けた自己診断」と題し、自己診断の有用性、本事業における組織の基盤強化について、幣法人理事長 手塚より説明させていただきました。その後、本ツール「組織を支える17の視点」のセルフチェックのやり方、集計結果表について紹介しました。